より便利なものに進化 クラウド化するアプリケーションの現在

以前ではアプリケーションは家電量販店などの店頭で購入するのが一般的だった。しかし、今ではネット上からダウンロードして使うのが一般的になりつつある。アプリケーションのアップデートもネットを介してほぼ自動で行われ、最新バージョンが欲しければ更新して手に入れることもできる。クラウド化によってアプリケーションはより使いやすいものになったと言えるだろう。

 

クラウド化した方が実は好都合なことが多い

 

アプリケーションがクラウド化されると不安に思う人もいるだろう。だが、実際に体験してみると、クラウド化された方がかえって都合がいいことがあることに気づく。

 

まず従来ではOSの違いによって、Windows版、Mac版と分けられていたものが一つに統合されたことがあげられる。これによって例えば、Windowsユーザーが新しくMacを購入したときに、再度Mac版のアプリケーションを購入しなくて済むようになった。

 

また、新しくPCを買い替えたときも、いちいちDVDドライブ使ってインストールする必要がない。OSの関わりなくアプリケーションは専用サイトから再ダウンロードして、ローカルドライブに保存することができる。

 

次に常に低コストで最新版のバージョンを手に入れられるということがあげられる。従来では最新バージョンが必要ならば、再度アプリケーションを購入しなければならなかった。しかし、クラウド化されたことによって、最新バージョンは更新料のみを支払うだけでよくなった。更新料は従来のパッケージ品の半額以下に抑えられることが多いことを考えると、大幅にコストを削減したことになる。